活動・発表

  • HOME
  • 活動・発表
2016年7月 「日本補綴歯科学会 第125回学術大会 」石川 ポスター発表
2017年8月 「第19回PSD学術大会」講演 「無調整装着における金属床の担う役割」東京
2018年6月 「日本補綴歯科学会 第127回学術大会」岡山 ポスター発表
2018年7月 月刊「歯科技工」7月号 掲載
「口腔内=咬合器上!~今こそ模型の精度を見直す~」
2018年8月 「第20回PSD学術大会」講演
「精度の高い補綴臨床を目指す」東京
2020年3月 松風歯科クラブ「デンタルエコー」vol.199 掲載
「患者のQOLを向上・維持させる有床義歯治療のために」
2020年9月 月刊「QDT」9月号 掲載
「咬合面形態を確かにする歯科技工士と歯科医師とのチームアプローチ
−時代を画する常温重合レジンを応用して−(後編:人工歯編)」
2021年6月 「日本補綴歯科学会 第130回学術大会」神奈川 eポスター発表
「物性強度に優れた常温重合レジンを応用した人工歯の臨床報告」
2022年5月 月刊「QDT」5月号 掲載
「なぜ、部分床義歯は患者に評価されにくいのか?
−無調整で解き放つ部分床義歯の力(前編・症例提示編)−」
2022年6月 月刊「QDT」6月号 掲載
「なぜ、部分床義歯は患者に評価されにくいのか?
−無調整で解き放つ部分床義歯の力(後編・検証編)−」
2022年8月 月刊「歯科技工」8月号 掲載
「時代を超えても『美しい』T・Kデザイン」